2016年7月20日水曜日

16年07月16日 鯛の浦

千葉県南房総に

天然記念物の鯛が居るという事で

木更津まで高速で南下し外房へ向かって山を越える。




ここは鴨川市

幸い天候には恵まれ

7月というのに暑過ぎず気持ちいい。





















イメージは画像の通り

普通、鯛って水深50~150m位のところで

鯛かぶらとかテンヤを落として釣るから

ある程度深い所に居てる感じですが

ここの鯛は水深20mくらいの所に居て

餌を撒くと表層まで食べに来る。


さらに餌付けされている。


特別天然記念物に指定され

ここの鯛は

釣る事は勿論出来ないし保護されている

貴重なサカナとのこと。














遊覧船が出ているのでこれを利用して

鯛が生息するその海域まで。


船内には北島三郎が流れ

気分が高揚します(笑)


船に乗船してわずか5分

船頭さんが甲板から餌をばら撒くと

我先にと鯛が水面に湧く。

結構いいサイズが出てくるので

見ごたえ抜群。

さながらお寺で餌に群がる鯉みたい。



もっと見たい所だけれど

数分の出来事。




















鯛を見た後は

周辺には昭和天皇ゆかりの記念碑などがあるなど

船内で説明を聞きつつ

あっという間に帰着。


船酔いする間もなく帰着となるので

万人受けのおすすめイベントです。











0 件のコメント: