2017年8月26日土曜日

17年08月25日 三島ダム釣行

会社の上司Mさんの車に乗せてもらって

フローターを携えて房総の三島ダムへ

禁止のフィールドが多い中、ココは貴重な釣り場。





















平日とはいえちらほらバサーの車は止まってる。


岸際にブルーギルのネストがあるみたいで

時折、バスと思しきサカナの捕食行動で水面が荒れる



様子見で岸からポッパーを投げてみるが全く反応なし


水位は先月と変わらず下がりきったまま

相変わらず、木々のオーバーハングよりも

水面は随分下にある。






































陽も上がってきて

シェードはなくなり

かなり暑い




















フローターを準備して水面に浮かぶまでの作業だけで

汗は吹き出し、風呂あがりのよう



それでも浮かべば水温が火照りを多少、抑えてくれる






















ふたりともトップウォーター

上司はズイール一辺倒

sakanazukiにこだわりはなく

バイトが見れればなんでも良し。




陽もあがり

バスが深いところに落ちているのは想像できる

それでもシャローにいるきまぐれを探して

打っていく。




倒れ木に近づくと

バスやブルーギルの稚魚はわんさか湧いてる

魚影は薄くない。



ちょっとしたシェードを狙って

ポッパーとかセミとか投げてみるが

一度キスバイトが出たのみ

厳しい状況は続く。



昼を過ぎて心が折れはじめたところで

保険のミニワームを投入。

沈むと途端に「ココッ」っと反応が出る。

ブルーギルだな。




間もなく投げたルアーがひったくられ

上がってきたのは

ラッキーな事にブラックバス


























かなり小ぶりではあるが

とりあえず1本

その後はブルーギルのアタリが連続して

釣れてあがってくるのはブルーギルばかり

で13時を越えたところで納竿。


片付けも汗だくになりながら

帰路へ

セブンイレブンの冷たいカフェオレが

めちゃくちゃ旨い。

2017年8月20日日曜日

17年08月19日 房総はぜ釣り②

早朝の竹岡釣行を終えて

一旦自宅に戻り午後から

家族で九十九里へ

海水浴場で16時頃まで水遊びをした後

片貝の釣り具店でイソメを購入して

バイパス沿いの川へ

加工付近は砂浜になっているし

これなら釣れるやろうと

イソメを投入

初っ端から2匹一度に釣れたり

アタリも頻発する状況。



これはいけるという事で

1時間後の潮止まりまで釣り糸を垂れてみた。























早朝の竹岡に比べサイズが良い。

さらに魚影も濃いので

楽しめた。

























最後にマゴチ(メゴチ?)も釣れて納竿。









































釣れたサカナは持ち帰り早速天ぷらに料理。

身はふわふわしてるし抜群にうまい。







2017年8月19日土曜日

17年08月19日 房総はぜ釣り①

会社の同僚のN坂さんより

はぜ釣りのお誘い

ちょうどイソメ余ってるし

内房の竹岡へどうかという事で二つ返事

早朝の4時間限定ではあるけど

手軽に釣れるやろうと

暗いうちから釣り開始。


「はぜ釣り」を専門でやるのは初めてにつき

N坂さんに教えてもらいながらで仕掛けを投入。

イソメ付けても投入後10秒でなくなる状況に「?」

なんかおかしい・・・

とN坂さんふぐを連発。



























どうも餌取りのふぐが群れている様で

手返しも悪いしなかなか釣れない。

見た目だけはかなり可愛いですけど



ポイントを移動しつつキャストを繰り返し

数匹釣ってタイムアップ。







2017年8月6日日曜日

17年08月04日 印旛沼にてカヤック進水式

車への積載も確認できたし

いよいよ進水式

家から近くて波風の影響が少なそうな

印旛沼へ


















水質は全国的にみてもワーストの場所ではあるので

出来ればもっときれいな水系が良かったのですが

そうも言ってるといつまで経っても

乗れないので

一応タックルも最低限用意して

アクセスの良い佐倉ふるさと広場の対岸へ直行。






















とりあえずパドルとかセットして浮かんでみる。






















不安定かなと思っていたけれど

案外大丈夫。


転回とか細かい操作がしにくいかな。

半面、直進は早い。




















小一時間湖上をツーリングしてパドリングにも慣れてきたので

キャストもしてみる。

手漕ぎのゴムボートと違ってパドルの支点が定まっていないから

なかなか勝手が違う。

ルアーのキャストと操船はちょっと練習が必要ですね。


残念ながらサカナは釣れてません。