2009年3月12日木曜日

Nine Head Dragon River

3月10日、11日と二日間ぶっ通しで
福井県は九頭竜川でサクラマス狙いでの釣行。
今回は会社の上司と二人で
終日ウェーディングとなった。










サクラマスはヤマメの降海型で
2月解禁で5月いっぱいまで
わずか4ヶ月間だけルアーでの釣りが許される
貴重なサカナとの事。
個体数も限定される上
ナーバスで簡単には口を使わないサカナの為
ワンシーズン続けて1匹釣れるか釣れないか
という非常に難しい釣りである。
なかには10年やっても釣れない人もいるらしい・・・
それでも銀色の流麗な魚体と
強力な引きを追い求めて
シーズン毎に通い詰めるアングラーが後を絶たない。











まあビギナーズラックもあるだろうと
いう感じで初めて行ったのだがこれが
環境は寒い上に
非常にストイックに延々キャストを繰り返す
過酷な釣りであった。













釣場は川なので藪をこいで水面を求めていくのだが
やはりシーズンということで
平日にも関わらずどこへ行っても
サクラマスを狙う方がキャストを繰り返しており
釣り人の熱意が伝わってくるし
人気の程が伺えた。
結果的に二人ともノーフィッシュで
終わったのだが
シーズン中の再釣行を約束して帰宅した。















上の画像のような9cm前後のミノーを
8フィート程度のしなやかなロッドでキャスト
していく。














ほんとサカナの反応は皆無で
ボーっと水中を眺めていると
いるではないか生き物が
可愛そうだけど
引っ張り上げてみた。
すごい迷惑そうな顔して帰って
行きました。









ちょっとティンバーランドのマークみたい
だったんで撮ってみました。
結局二日間の釣果報告をまとめると
全域で1匹だったらしい・・・。

0 件のコメント: